整形外科について

整形外科

首から下の運動器のトラブルやケガの治療をあつかいます。

診察内容

  • 肩こり、腰痛、筋肉・骨・関節の病気、神経痛、腱鞘炎等の手足の痛み
  • ケガ(骨折・捻挫・キズなど)
    超音波骨折治療器あります。→詳しくはこちら
  • 骨粗鬆症・運動器不安定症(ロコモーティブ症候群)
  • 交通事故(ムチウチ事故など)、仕事中のケガ(労災事故)
    →詳しくはこちら

肩こり・腰痛

症状がある病気の第1位です。(ちなみに症状が無い1位は高血圧です)
原因がはっきりしないものがほとんどですが、稀に病気が見つかることがあるので整形外科で検査や診察を受けましょう。
当院としては、原因がはっきりしないものの多くは筋肉・筋膜や関節のバランス異常と考え治療しています。多くが注射や飲み薬などとともにリハビリでバランスを調整することにより症状が改善します。
「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「年のせい」等で治らないと言われている方も同様の治療で症状が改善する場合がありますので、お困りの方は一度お試しください。

高齢者の肩こり・腰痛でよくみられる病気・ケガに「リウマチ性多発筋痛症」「脊椎圧迫骨折」があります。「リウマチ性多発筋痛症」は普通の痛み止めが効かなく、体や上腕・大腿の痛みが長く続きます。これは血液検査等で判断します。「脊椎圧迫骨折」は骨粗鬆症がある人は布団の上げ下ろしやちょっとした尻餅でも背骨がつぶれてしまう骨折です。これといったきっかけ無くつぶれてしまった人は痛みをあまり感じない事も多くあるので(いつの間にか骨折)高齢者で背中の痛みが続く人や、背中が丸くなってきた人、4センチ以上身長が低くなった人はレントゲン検査を受けましょう。

筋膜への生理食塩水注射(H.R.:ハイドロリリース)

筋膜は日本語で正確に翻訳できておらず、実際は「臓器の間を埋める線維性結合組織です。臓器を包んだ「脂肪をくるんだ線維の網」になっていて、①臓器を外力から守る、②臓器どうしが自由に動けるようにする、役目があります。また、痛みの神経センサー(自由神経終末)が多く存在し、センサーが集まったところは東洋医学の経絡(ツボ)とかなり一致すると言われています。
筋膜は筋肉だけを包んでいるわけでなく、神経・血管・内臓等全てを包んでおり全身つながっています。これによって遠隔治療が可能となる可能性はあると思います。
「原因不明の痛み」に対する取り組み
私見ですが、固くなった筋膜へ水が入ると網目状の組織の柔軟性が戻り臓器の滑走性が改善するために痛みが改善するのだと考えています。痛みのある筋膜は超音波では重積(重なり合った高エコー)像として確認できると言われています。これは固くなった筋膜は網目状のボリュームが減るので繊維が目立つ様になるためだと推測しています。
神経痛に対しては神経周囲へ、筋・腱痛へは腱周囲への注射などの注射をするとかなり有効です。ただ、慢性痛は姿勢や筋バランス等機能的に原因を解決しないと根本的な解決にはならないため、注射しても効果は一時的な場合がほとんどです。
当院では「どこの部位への注射で改善したか」を念頭に理学療法士がオーダーメードの運動療法を考え「運動器のトラブルはリハビリで治す」方針です。

神経痛

手のしびれで多いのは「手根管症候群」です。他に椎間板ヘルニアや神経の腫瘍などいろいろな病気があります。中には肺がんによって手のしびれがでるなんてこともあるのできちんと診察を受けましょう。初めのうちは検査してもわからない事も多いので続くしびれは時々検査するようにしましょう。
普通の痛み止めが効かない事が多いため、当院では 注射による治療、神経障害性疼痛の治療薬等の新しく発売された薬、漢方薬などいろいろ組み合わせて治療しています。

筋肉のこわばりを「しびれ」と感じてしまっている人も多くみかけます。

関節痛

関節炎と関節症に分かれます。関節炎は主として病気による炎症により痛みをおこすものです。代表的なものに関節リウマチや痛風といったものがあります。主に薬によって治療します。詳しくはこちら
関節症は加齢や外傷によって変形をきたしたためか、物理的なストレスにより痛みを生じるものです。代表的なものとして、加齢による膝のO脚変形(変形性膝関節症)が挙げられます。
変形性膝関節症は荷重がかかった部分が痛んだあと、修復が終わらないうちに荷重をかけることによって徐々に変形していきます。軟骨が傷むレベルではレントゲンに出ませんが骨が傷んでくるとレントゲンでもわかるようになります。注意していただきたいのは関節の変形自体が痛みの原因で無く、変形により周りの組織を刺激するから痛みが出るということです。「軟骨がすり減っているから良くならない」とか「膝が曲がっちゃっているから良くならない」などは全くの誤解です(これは他の「変形性関節症」でも同じです)。膝周囲の筋力アップによる関節の安定化と関節周囲のストレッチを行い治療していきます。
五十肩は一般に原因がよくわかっていません。最近当院では肩近くの筋付着部へ注射することで痛みが緩和する場合が多いため、肩関節の問題ではなく「肩関節周囲の筋肉の張り」ととらえて治療しています。注射や薬で痛みを緩和させながらリハビリでストレッチしていきます。

五十肩の最新治療法

秋田・城東整形外科の皆川洋至先生が考案した「サイレント・マニュピレーション」を当院でも行っています。
本格的に肩が固まってしまうとリハビリしてもなかなか改善しないことがあります。
麻酔をかけて動かしてしまう方法です。
超音波で首のところで腕へいく神経を確認して、超音波を見ながら局所麻酔を注射します。
腕全体に麻酔が効いた優しく固まった肩を動かして、くっついてしまった関節をはがします。乱暴にではなく、静かに(サイレント)関節を動かす(マニュピレーション)テクニックです。
尚、当日は約1日腕が動かなくなるので三角巾で腕をつって帰宅となるため、車・自転車等の運転はできません。
ある程度時間がかかるので ご希望の方は診察時に日時を相談させて頂きます。

スポーツ障害

小児の野球肘や疲労骨折など、レントゲンや超音波において検査します。初期の段階では後遺症を残さず治癒するものがほとんどですが、時間が経ったものでは変形をおこし生活に支障の残る場合も少なからずあります。
成長期は骨の成長よりも筋肉や靭帯の成長が少ないため筋肉や靭帯の緊張が亢進しやすく、筋力不足やアンバランスによりトラブルを生じることが多くあります。こういった場合はリハビリで筋力強化と柔軟性獲得により改善します。

外傷

はじめに後で障害が残る怪我かどうかの判断が必要なため、きちんと検査や診察を受けましょう。とくに成長期や高齢者はケガした場合、靭帯よりも骨の強度が低いので骨折の場合が多く、かならずレントゲン検査をしておきましょう。ずれの少ない骨折は骨膜がやぶれないので腫れない事も多くあるので注意しましょう。
骨折した場所に弱い超音波をあてると早く治ると言われています。手術後や何カ月も治らない骨折には保険適応で機械のレンタルができます。当院にも機械を置いていますのでそれ以外の骨折をして手術をしない方にもお使いいただけます。(1回約20分で貸し出しはしていません。)
→超音波骨折治療器の詳細はこちら
キズの場合は水道で砂などをきれいに洗ってから出血している場所を圧迫しながら整形外科を受診しましょう。「キズより心臓に近い部分をしばる」と逆に出血が多くなることがあるので気をつけましょう。(血液検査のとき腕をゴムでしばりますよね)

未成年のけがについて
未成年は成人と比べると骨がやわらかく、骨折しやすいのが特徴です。下の「学校管理下の災害 基本統計 平成25年」から 病気とけがの種類別発生割合をみていただくと、保育所から専門学校に至るまで「ねんざ」より「骨折」のほうが多いことがわかります。剥離骨折は放っておいても痛みが無くなって日常生活では支障がなくなることがありますが、大人になって変形したり、ねんざを繰り返す(くせになる)こともありますので、けがをしたらレントゲン検査は必須と考えられます。

病気とけがの種類別発生割合

出典:日本スポーツ振興センター「学校管理下の災害 平成25年 基本統計」

ムチウチなど

構造的な異常のない怪我ですが、痛みを放置すると慢性的な肩こり・腰痛になるため、積極的に治療しましょう。詳しくはこちら

骨粗鬆症

骨の中がスカスカになって少しの衝撃で骨折をおこす状態です。「寝たきり」の原因の第3位が骨折と言われています。骨密度を検査して20歳台平均の70%を下回ったら骨粗鬆症と診断されます。女性の場合70歳中盤には平均の人が骨粗鬆症になるので、早めに検査を受けましょう。
当院では超音波より精度が高いX線骨密度検査機を使用して短時間で結果がわかります。年齢より骨密度が著しく少ない場合、ホルモンの病気等がみつかることもあります。

運動器不安定症

さまざまな理由で歩行等の機能が低下した状態です。「寝たきり」の原因の第4位が関節疾患と言われています。
以下のどれかあれば診断されます。

  • 介護度が「要支援」または「要介護1」「要介護2
  • 片足で15秒以上立っていられない。
  • 「椅子に座った状態から立ち上がって3メートルのところを回ってまた座る」事に11秒以上かかる。

当院では通常のスポーツジムより負荷の少ない高齢者向けのトレーニング機器を導入してリハビリを行っています。(健康保険が使えます。)

ロコモーティブ症候群

ロコチェック!左のうち1つでもあればロコモの可能性があります

メタボリック症候群に続く「健康日本21」キャンペーンです。

運動器の障害により「要介護」になりやすい人ロコモと呼びます。

  • 片脚立ちで靴下が履けない。
  • 家の中でつまづいたり、すべったりする。
  • 階段をのぼるのに手摺が必要である。
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない。
  • 15分くらい続けて歩けない。
  • 2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である。(1リットルの牛乳パック2個程度)
  • 掃除機をかけたり、布団の上げ下ろしが困難である。

「原因不明の痛み」に対する取り組み

整形外科に受診される症状のおおくは「痛み」です。原因がはっきりしているものもありますが、いろいろ検査をしても原因が特定できないものもあります。詳しくは痛みのしくみを参照ください。

2002年に「AKA博田法」に出会いました。骨盤の関節を調節することであらゆる部位の症状を改善することができる、というものです。
2006年に石川県の整形外科で加茂先生が提唱されていた「トリガーポイントブロック」を治療に取り入れました。筋肉では痛みを感じるセンサーの感度が悪いため、痛む場所と原因となる場所が異なり、痛む別のトリガー(引き金)ポイントを治療するというものです。
2013年に元東北大学の国分先生が提唱する「K点症候群」という考えを知りました。痛みやしびれのほとんどが筋硬縮(筋肉のこわばり)である。K点とは国分ポイントを指して、国分先生が見つけた「後頭部の筋肉にあるポイント」でここに局所麻酔を注射する(K点ブロック)と、全身の筋硬縮が解けるのです。
2014年に「遠絡療法」を知りました。東洋医学の経絡をアレンジして症状から離れた経絡(ツボ)を刺激することで何でも治るというものです。

上記の治療は全て「遠隔治療」で痛くない場所を治療することで痛みを改善させます。皆それぞれ別の治療と考えていましたが、「遠絡療法」のセミナーに参加して全ての治療法は筋膜のネットワークを利用した治療法なのだと認識しました。

筋膜とは翻訳が適当でなく、臓器すべてを包んだコラーゲンネットワークで豊富な神経センサーをもっています。センサーが集中した部分のほとんどが東洋医学の経絡(ツボ)が一致するという事実、筋膜ネットワークが交差・集中する部分に「AKA博田法」の骨盤の関節やK点は存在します。

2015年に筋膜性疼痛研究会へ入会し、現在は筋膜への生理食塩水注射(H.R.:ハイドロリリース)を中心において治療をしています。