リハビリテーション

リハビリテーション

リハビリ風景01

運動器のトラブルの多くは関節機能異常と筋・靭帯のアンバランスです。加えて筋力強化によりほとんどのトラブルか改善します。当院は「運動器のトラブルはリハビリで治す」「薬や注射、物理療法はその補助」という考えで治療しています。


診察内容

リハビリ風景02
  • 運動器リハビリテーション
  • 消炎・鎮痛処置(物理療法)

運動器リハビリテーション

リハビリ風景03
リハビリ風景04
集合写真

運動器」とは体を動かす仕組みのことで、骨・関節・筋肉・靭帯など体を支えたり、動かしたりする器官のことです。
「運動器」に関する疾患としては、肩こり・腰痛・変形性関節症・スポーツ障害・外傷・骨粗鬆症・関節リウマチなどがあります。
直接生命の危険に至ることは少ないですが、外出・仕事・入浴などの日常生活動作が困難になったり、「寝たきり」につながったりと生活の質(QOL)の低下になります。
一般に65歳をこえる人は3年間で約9%が要介護状態になると言われています。
急速に高齢化している日本では「介護予防リハビリテーション」が必須と考えます。
当院は理学療法士と日本運動器学会認定セラピストでリハビリを行います。

運動器リハビリテーションの保険適応

  • 骨折・靭帯損傷・切断等の外傷または手術後
  • 脊髄損傷による麻痺
  • 関節症・関節炎・関節硬縮
  • 運動器不安定症

肩こり・腰痛の多くは脊椎関節症ですし、五十肩は肩関節炎や関節硬縮に相当します。

運動器不安定症

さまざまな理由で歩行等の機能が低下した状態です。

  • 介護度が「要支援」または「要介護」「要介護2
  • 片足で15秒以上立っていられない。
  • 「椅子に座った状態から立ち上がって3メートルのところを回ってまた座る」事に11秒以上かかる。

と、いう状態で下が原因である場合にこの病名となります。

単に年とって弱ってしまった場合も保険をつかって運動器リハビリテーションができます。
  • 脊椎圧迫骨折および各種脊椎変形(亀背、高度腰椎後彎・側彎)
  • 下肢骨折(大腿骨頸部骨折など)
  • 骨粗鬆症
  • 変形性関節症(股関節、膝関節など)
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 脊髄障害(頸部脊髄症、脊髄損傷など)
  • 神経・筋疾患
  • 関節リウマチおよび各種関節炎
  • 下肢切断
  • 長期臥床後の運動器廃用
  • 高頻度転倒者

単に年をとって弱ってしまった場合も保険をつかって運動器リハビリテーションができます。

消炎鎮痛

新しく各種機器を購入し、慢性疼痛に対応します。詳しくはこちら