リハビリ

多くの運動器トラブルはリハビリで良くなります。

詳しくはこちら
リウマチ

リウマチ

早期発見、早期治療が必要です。

詳しくはこちら
交通事故・労災
肩こり・腰痛
リハビリテーション
リウマチ

整形外科やましな医院HPへようこそ

ホームページをご覧いただき有難うございます。

当院は昭和52年に「山科医院」として開院し、平成25年8月に「整形外科やましな医院」として再スタートしました。
整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、内科で診療しています。

整形外科は、打撲・骨折・捻挫・腰痛・肩こり・関節のいたみ・手足のしびれなど、頭以外の運動器のトラブルを扱っています。成長期のけがの多くが骨折で、スポーツ障害は早期発見で重症化が防げます。
高齢者も骨折をおこしやすく、骨粗鬆症の治療やロコモのリハビリで予防ができます。また、慢性的な痛みについても力を入れています。

リハビリテーション科は運動器リハビリテーション認定医のもと、理学療法士が専門的に運動療法を行います。肩こり・腰痛・五十肩(→「五十肩の最新治療」もご覧ください)など慢性期の運動器トラブルの多くが筋膜の異常(→「筋膜への生理食塩水注射」もご覧ください)です。筋膜の異常は外傷や姿勢、日常動作、スポーツなどで起こります。マッサージや電気治療で一時的によくなっても根本的な解決にはならず、また繰り返すことになります。理学療法士によるリハビリの有効性は科学的に証明されています。

リウマチ科は関節炎について診療します。近年よく効く薬が続々と発売されてきており、早期発見、早期治療で関節変形を防ぐことができるようになってきました。薬の作用・副作用をよく理解して治療することが大切です。

当院は「運動器のトラブルはリハビリで治す」を中心に一般整形外科・リウマチ科診療もきちんと行い、立つ・座る・歩く・運動する、健康な生活のお手伝いをいたします。

山科医院スタッフ

院長あいさつ

やましな院長イラスト

平成25年から前院長と交代しました。整形外科の手術と「痛み」との相関関係は少ないと言われています。脊椎・肩・手・肘・股関節・膝・足・リウマチ・腫瘍・小児・外傷等、現在整形外科は細かく専門化しています。私は一通り診療・手術を経験してきましたが、「痛み」への対応が不十分であることが不満でした。やましな医院では手術を離れ私なりに「痛み」に向きあい、困っている方のお役に立ちたいと考えています。

変形性膝関節症と言われている人で「どこに行っても痛みがとれなく、もう手術しかないと言われている」という人や「手術をしたけど痛みがとれない」という人にも生理食塩水(塩水)を注射しただけで「痛くなくなった」という事があります。こういう場合は関節の変形が原因ではなかったという事なのでしょう。もちろん注射の効果は一時的なものなので、膝の使い方などの運動療法(リハビリ)をオーダーメードでしていきます。

どんなに医学が進歩しても命は有限です。「命を救う」より「人生の質を上げる」ことが医師の役割だ、と思い私は整形外科医になりました。
「運動器のトラブルはリハビリで治す」を中心に様々な痛みを改善して快適な生活がおくれるようにするのが当院の担当です。皆様のご来院をお待ちしています。


受付時間・診療科目

受付時間 日・祝
整形外科 9:00 ~ 12:00 × ×
15:00 ~ 19:00
※14:00 ~ 16:00
× ×
 
内科 9:00 ~ 12:00 × × ×
15:00 ~ 19:00
× × × × ×

◯:診療  ×:休診
休診: 水・日・祝日

診療科目: 整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、内科

内科の山科吉美子医師は月・木午後と土曜日は休診です。
状態の変わらない方の処方は対応いたします。
整形の山科正明前院長は火・金午後に診療しますのでご希望の方は受付にお声かけください。